名前負けしない?きらやか銀行
 

    
 
 
 
きらやか銀行の今後と展望


きらやか銀行の今後について展望してみるならば、なんといっても「一歩ぬきんでる」ためのユニークさ、そして商品の有用性をもっとアピールできるような対策が必要なように思います。

どこの銀行も、金利で競ったり、インターネットサービスで競ったり、さまざまな方法で競い合い顧客の獲得を目指していますが、きらやか銀行自体は仙台銀行との合併など、営業エリアとしてはかなり広範囲を確保することが出来、特に東北地方の中心ともいえる宮城県に基盤を確保できていることは、今後の展望も非常に明るいといえるでしょう。

しかし、宮城県といえば東日本大震災で被害を受けた場所でもあります。東日本大震災において特に被害を受けたのは個人であり、中小企業です。二重の住宅ローンを抱えている人、投資を受けて産業を復興したくても過去のローンがあるおかげで復興がままならない中小企業も多く存在します。兄弟銀行の仙台銀行において、それらの人々向けの対策として、公的資金を導入して融資に向ける原資を確保しようとする試みも始まっていますが、その融資がどうなっていくのかは少々不安材料です。

投資するということは、貸し付けたお金がしっかりと返されるのか。特に震災後の復興はまだまだ道のりが険しく、何とか復興を遂げた企業でも営業利益がなかなか回復しないと聞きます。また個人は二重の住宅ローンを抱えてみても、就労先が少なかったり収入が少ないことで、ローン返済が滞るケースもありえます。これらの現状を考えてみても、同じ金融持ち株会社であるきらやか銀行が、仙台銀行の状態次第では、マイナスの影響を受けることが十分にありえるのです。

きらやか銀行の定期預金と他行比較

きらやか銀行と不良債権

きらやか銀行と銀行間合併権

きらやか銀行のインターネットバンキング

きらやか銀行のインターネット支店

きらやか銀行の歴史

きらやか銀行の住宅ローンと他行比較

きらやか銀行のカードローンと他行比較

きらやか銀行のマイカーローンと他行比較

きらやか銀行の今後と展望

copyright 2014 名前負けしない?きらやか銀行 All Rights Reserved.